忘却の彼方

インクブルーのひとりごと

やるべきことは

バイトを終え、疲労感を感じながら家路につくときにポカポカ陽気だと大変眠くなる。せっかくのいい天気も、布団の中では無関係。散歩したいとか旅行に行きたいとか、そういう思考をする前に頭の回転が止まってしまう。そして、干した後の布団に入った時に感じる快感は筆舌に尽くしがたいものがあるのだ。毎日が冬晴れであってほしい。

 

こんな感じにやるべきこともやらず、真昼間からグータラしてるのは私だけではないと信じている。休みに入った学生はみな堕落した生活を送っているでしょう。そうですよね?

 

 

私が身の振り方を決めあぐねて現実逃避していることはひとまず横に置いて、このブログの方針を決めたいと思う。ブログなんて自由に書けばいいじゃないか、とお思いでしょうが、手に余る自由は扱いきれないものだ。回転寿司(100円均一でない)を食べに行き、「好きなだけ食べていい」と言われるのと「10皿まで奢る」と言われるのとでは、後者の方がより高くて美味しいネタを選んで、前者ではつい色々取ってしまい、食べ終わった後の満足感が相対的に低いのと似ている。寿司食べたい。

 

では、好きな「ネタ」は何かというと、それは鉄道(その中でもきっぷとか規則とか、謂わゆるニッチなもの)だ。全体的に好きなんですけれどね。かつて運営していたブログでは自分で撮った写真(大してうまくない)を載せていたが、今では記憶に残す程度にパチリと撮るくらいなのでこのブログではあまり載せないと思う。旅行中に限ってはたくさん撮るので、こちらは掲載に耐えうるものを載せたいと考えている。メインは規則ときっぷについて書こうと思いる。一般的な人が鉄道を利用する際に役立つようなことを盛り込めればなおよしである。

 

また、ウラの目的として文章力の向上がある。この世に生を享けてから二十余年、様々なものも見聞きしてきたはずだが、いかんせん文章力が足りない。ブログにどうでもいいことをツラツラ書くことで、なんとかしていい文章を書けるようにできればと思う。

 

 

さて、これくらいで十分だろうか。長々と書いてしまったが、方針とは要するに道しるべであって、あっちへフラフラこっちはフラフラした時に元に戻ってくるためのものだと解釈している。つまり、これを忠実にたどる必要がないということだ。ということで、なんでも気軽に書いて行くことにする。結局この記事はなんだったのかという疑問はご容赦いただきたい。

 

 

ああ、もうバイトの時間だ……